--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-02(Wed)

虚仮の一念(こけのいちねん)

GO!さんとの十番碁第5局を打ってから、

生まれて初めて、手術というものを受けてきた。

内視鏡によるポリープの切除だったのだが、

患者である私も、リアルタイムで手術の全容を観察し、

成功を実感できたのがよかった。

あとは、点滴とひたすらの安静であった。

私のベッドのある部屋の隣が小児科病棟になっていて、

夜になって、小さい子がお母さんと別れる間際になると、

あちこちで泣く声が聞こえてきて、心が痛んだ。

その短い入院の間に読んでいたのがこれ。

プロ棋士の思考術

読んだ後、とてもすがすがしい気分になった。

実際に書いたのが本人かどうかなど表面的な問題だ。

幅広い世代に訴えかける力のある内容だと思った。

私が感じたことは、asutoronさんの記事にある感想と、

そこに寄せられたtengen55さんのコメントに重なるところも多い。

また、私の中で起こった変化がいくつかあるが、

何ヶ月も遠ざかっている棋譜並べを再開しよう、

詰碁本を携帯して、ちょっとした空き時間に解こう、

対局するときは、今まで以上に真剣に打とう...

どれもありきたりのことだが、

この本を読んだことがきっかけとなって、

これらの思いを新たにしたのだ。

思い、気持ち、心...そのありようが大切だ。


『プロ棋士の思考術』を読み終わると再び暇である。

そこで、ベッドの上で点滴を受けながら、

GO!さんとの碁を思い浮かべて並べ返していた。

緩んだ形、アキ三角、急所を逃した箇所などが思い出された。

「やっぱりタケフだったな・・・」

終盤はほぼ私のヨミ筋どおりに運んだと思っていたが、

自石の連絡の具合が怪しかったことにも気付いた。

そして、残り5局をもっと丁寧に、大切に打っていこうと思った。

スポンサーサイト

theme : 囲碁
genre : 趣味・実用

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。