--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-08-21(Thu)

第84回新囲碁ボケ表彰

第84回新囲碁ボケ表彰

お待たせしました、各賞の発表です。

咲いた投稿賞
asutoronさん

落花生  

今回は熾烈な争いでしたが、29本の大量投稿でasutoronさんが初受賞です。「咲いた投稿賞」として、徒然亭方円撮影の「旬の花」をお贈りします。8月は、囲碁ボケにふさわしく、「オチ」のある落花生の花です。この花が落ちると、子房柄ができ、地面に向かって伸びて地中に潜っていき、鞘ができるんですね。尚、次点は20本のpgさん、以下16本のkyonchnさん、13本のnipparatさんでした。

MVP賞

pgさん

img0cfef7f1zik8zj[1]

囲碁ボケがあるから 水曜 そわそわし

GO!さん

img0cfef7f1zik8zj[1]

はもずくし 碁打ちの目には もくはずし

 かものはし☆さん

img0cfef7f1zik8zj[1]

ふと見れば 本箱だけは 有段者
かものはし☆

asutoronさん

img0cfef7f1zik8zj[1]

どうしやうもないわたしが碁打ってゐる
碁に溺れる者
 

 nipparatさん

img0cfef7f1zik8zj[1]

静けさや 茶室にひびく ボヤキ声
タイトル戦観戦記者

pgさんは、ボケラーの気持ちを代弁するかのような作品。「水曜日」という普通の言葉を使いながら、囲碁ボケ空間では特別な響きを持つということを巧みに利用しました。さらに、「そわそわし」がいい選択、「し」が余韻をかもし出していますね。そわそわの中身はボケラーによって微妙に違う、しかしきっと、みなさんは、このそわそわ感が好きなんですね。GO!さんは、目はずしという用語を、なんと京都の夏を代表する「鱧」に絡めてきた。すばらしい発見です。鴨川にせり出す床に陣取り、とりあえずのビールで涼をとりつつお品書きを見ると、そこに「はもづくし」の文字があったんですね。でも大斜定石が得意の碁打ちにとっては、それは「もくはずし」に見えてしまう。なんとも洒落た情景です。かものはし☆さんは、「ふとみれば」で、いったい何を見たんだろう?と読者の興味を引いています。そして、「本箱」という言葉だけで、たくさんの碁の本を「買ってみた」ことを匂わせ、「だけは 有段者」で見事に落としています。この短い17文字の中に、本を買おうか止めようかの葛藤や本を買うときの「強くなれるかも」という期待感、本棚に納めるときの高揚感、そして、幾度もの虚脱感など、実に多様な感情を盛り込んでいますね。asutoronさんは、実に勉強熱心な方ですね。「明日への一打」をみればわかります。なかなか簡単に強くはなれないけれど、勉強しなければ明日はないという考え方をされているのだと思います。この作品は一見、自分を貶めているようですが、そんな自分が実は大好き、という軽い自己陶酔も感じられますね。強くなるには時間がかかる、しかも終わりのない旅なのだから、日々の努力に満足してもいいじゃないか、というイチロー選手のような健全な印象を受けました。かな文字のひとつひとつの選択にも神経が行き届いている高品質作品だと思います。
nipparatさんは、桧舞台、七番勝負の風景を、とぎすまされた聴覚で切り取りました。修練を積んだ一流棋士が、二日間の対局の緊張を一瞬でも緩和しようと、無意識に発するボヤキ。その背景には数多の変化図を評価、決断する思考があり、脳内のニューロンのリズミカルな発火があるのです。静寂を象徴する「茶室」を前に置き、それを「ボヤキ声」で破る瞬間の演出はお見事でした。以上5名の方にスーパー囲碁ボケ君をお贈りします。みなさんおめでとうございます。

優秀作品賞

ゆうすけさん

imgbe8457ffzik2zj[1]

賭碁打ち 豚を太らせ 逃げられる

郷禄介さん

imgbe8457ffzik2zj[1]

出し惜しみしてたら 先に出されたよ
郷禄介

新米刑事さん

imgbe8457ffzik2zj[1]

井山君と 呼べるのも今のうち
ベテラン棋士

kyonchnさん

imgbe8457ffzik2zj[1]

三コウは無勝負でしょと指す半コウ3つ

みんみんさん

imgbe8457ffzik2zj[1]

囲碁まつり 飛び入り参加 手をあげる

pgさん

imgbe8457ffzik2zj[1]

大会前
「勝てる気がしない」というが いつもだろ!

tengen55さん

imgbe8457ffzik2zj[1]

新刊詰碁 どんな名書も 10問止まり
(ダメじゃん・・・)  tengen55

ゆうすけさんは、ちょっと背伸びして、大人の世界を描いて見せてくれました。郷禄介さんは、腰を抜かすほどのすばやさで囲碁ボケ選者の心情を詠みました。新米刑事さんは、最後の「今のうち」で一気にオチをつけました。kyonchnさんは、おちゃめでかわいらしい作品。みんみんさんは、生碁、リアルのイベントの良さを再認識させてくれました。pgさんは、一瞬で場を凍りつかせてくれました。tengen55さんは、多くの読者の共感を呼ぶ作品でした。以上7名の方に囲碁ボケ君を贈りします。

タイゼム賞

みんみんさん

20070924232726[1]

今回のタイゼム賞は、空想で遊ぶヘキサの囲碁ボケ空間に、丁寧に「実話です」とただし書きまで添えて「実話」爆弾を投下してきたみんみんさんです。おめでとうございます。タイゼム上1000万ポイントを振り込むIDをお知らせください。もし、満天下の注目を集める記念対局等の代替賞品をご希望でしたら、プールしておきますので、その旨お知らせください。


次回の囲碁ボケはkyonchnさんです。

 

 

 

スポンサーサイト

theme : 大喜利
genre : お笑い

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

うれしいです

今回、いつもに比べて皆さんの投稿が少ないように思い、咲いた花賞をいただくチャンスと思って頑張ってみました。「オチ」のある落花生の花とは、さすが囲碁ボケですね。落花生の花、初めて見ました。
MVP賞の方は、まさかいただけるとは思いませんでした。私としては単に山頭火の句をもじっただけのつもりでしたが、本人も気づかぬ深層心理を解説いただき、びっくりです。
また、いつもながら、それぞれの作品に対する講評も丁寧で頭が下がります。
ありがとうございました

咲いたの意味

咲いた=最多だったんですね!!今まで全く気付きませんでした。

MVP

ありがとうございました。

何気なく投稿したのですが、
ヘキサさんに解説され、
確かに、そういう気分だなあと..

いつか、「本箱と一緒に有段者」と
なりたいものです。

解説、お疲れさまでした。

あっ、今回のお題で、
選者の皆さんの気持ちもわかって
おもしろかったです。
いろいろ、考えているんですね~。


No title

タイゼム賞、
選んでいただきありがとうございました。
IDは「みんみん」です。
実話ネタで囲碁ボケの趣旨からずれてしまっていたのに受賞したのは思いがけない事でした。
もっとこれからは囲碁ボケにもっと投稿するつもりです。

asutoronさん

内省的な川柳に魅力がありました。共感した方も多かったのでは、と思います。そして棋書川柳もすばらしかったですね。たくさんの投稿ありがとうございました。

ゆうすけさん

今度はぜひ、咲いた投稿賞を狙ってくださいね。
ありがとうございました。

かものはし☆さん

「ふと見れば」で、ぐっとひきつけられてしまいましたよ。共感した方が沢山いたでしょうね。ぜひ、また投稿して下さい。

みんみんさん

実話は新鮮でしたね。生き生きとした感じを受けました。ところで、タイゼム賞はポイントにしますか、それともプールしておきますか?

みんみんさん

タイゼム賞の振込みを手配しました。ご確認下さい。
プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。