--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-17(Wed)

第88回新囲碁ボケ表彰

第88回新囲碁ボケ表彰

今回の最多投稿賞レースを振り返ってみましょう。
黒ひょう「しようがないなあ、エクセルで計画表作っておくよ」(『動物占い5アニマル』 28ページより)

88レース 

ご覧の通り、「夢見がちな現実主義者=コアラ」のnipparatさんが飛び出して先行逃げ切りパターンか、というところ、終盤一気に抜き去ってゴールしたのは、「人恋しい博愛主義者=ひつじ」のasutoronさんでした。もうお一人のkyonchnさんですが、連休中に集中投稿してサッとどこかへ消えていかれました。このあたり、「華のある超お天気屋=ペガサス」というのは当たっているのでしょうか?

咲いた投稿賞

asutoronさん

ナスの花 

ということで、今月は一気の14本投稿を見せてくださったasutoronさんへ、「咲いた投稿賞」として、徒然亭方円撮影の旬の花をお贈りします。今月は、嫁に食わすな、でお馴染みの「秋茄子の花」です。おめでとうございます。


MVP賞

img0cfef7f1zik8zj[1]

ゆうすけさん  
「チンパンジーと碁を打ちました。」
「でどうなりました??」
「99%好手で負けそうでしたが、最後の1%が『猿の一手』で何とか逆転勝ちでした。」

ゆうすけさんの知識が、政治経済や歴史に留まらず、最先端科学の分野にも及んでいたことを証明しただけでなく、囲碁史においても記念碑的作品といっても過言ではないでしょう。世界のゲノム研究動向を的確に掴んでおり、それを巧みに演出する言語学的センスにも長けている。延々と続く塩基配列とたんぱくの高次構造を理解する一方、併せて、厚みを活用する打ち回しの多彩なバリエーションを操る棋力なくして、このボケは生まれません。つまり、高分子鎖上で離れて配置されている塩基が、アミド構造と側鎖の立体障害に由来する複雑なα-helix(螺旋)あるいはβ-sheet(折れ)構造をとるがゆえに空間的に接近し、デリケートな non-bonding interaction を生む様は、あたかも囲碁で最も難解といわれる「厚みの影響力」の諸問題にも一脈通じる深い味わいがあるというわけなのです。この作品によって、今後、囲碁に対しては、自然科学的アプローチが主流になるやも知れません。冒頭で、記念碑的作品と評したのは、それほどの衝撃的なインパクトを与えうる作品ではなかろうか、と感じたからなのです。そして決め手は「猿の一手」という響き、とくれば文句なし、ぶっちぎりの単独MVP、スーパー囲碁ボケ君獲得です。おめでとうございます。

優秀作品賞

imgbe8457ffzik2zj[1]

nipparatさん  
「シロアリと碁を打ちました」
「どうなりました?」
「敵さんも囲碁愛好家のようで碁盤は無事でしたが、対局が終わると家が消えてました。」

imgbe8457ffzik2zj[1]

kyonchnさん
「タコと碁を打ちました。」
「でどうなりました?」
「終盤に入るととたんに碁筍の中に入ってしまって出て来ません。すると漁師が来て持っていってしまった。」

imgbe8457ffzik2zj[1]

郷禄介さん
「クマさんと碁を打ちました」
「どうなりました?」
「序盤でリードしたのでスタコラサッサと逃げようとしたのですが、クマさんがあとからトコトコトッコとついてくるので大変でした。」
「で、勝ったの?」
「私の黒番半目負けかと思ったらクマさんが白い貝殻の落し物を拾ってくれたので半目勝つことが出来ました」
「へ~、クマさん優しいね」
「はい、お礼に歌ってあげました。♪ララララララララ~♪ララララララララ~」

nipparatさんの作品は、シロアリとくれば、碁盤があ・・・という暗黙知を逆手に取り、なんと碁盤は無事。と、油断させておいて、実は大好物の家をカジッていたというオチが冴えています。家を喰い尽すには何年もかかるはずなのに、打った碁は一局。その不思議な時間感覚がなんともいえぬ余韻を醸し出しています。
ゲソ(八本足)、吸盤、墨と、タコ料理のフルコースをプロデュースした
kyonchnさん
、締めのデザート=「ショートコント・蛸壺」が受賞です。破天荒な展開ながら、タコならではのヌメリ感まで伝わってくる臨場感と場面転換の冴えがポイントでした。
郷禄介さん
の作品は、替え歌好きのヘキサも共感できます。走る布石でのアマシ戦法ですね。ほとんど歌詞がそのまんまの作品なんですが、起承転結があって、構成がしっかりしています。ハマグリを使ったオチでまとまりもいいですね。
以上3名のみなさん、囲碁ボケ君獲得です。おめでとうございます。

タイゼム賞

 20070924232726[1]

今回のタイゼム賞は、囲碁史上に偉大な足跡を残す作品をつくりあげた、ゆうすけさです。タイゼム1000万ポイントを振り込むか、あるいは代替賞品を希望されるか、お知らせください。


次回の囲碁ボケはkyonchnさんです。

スポンサーサイト

theme : 大喜利
genre : お笑い

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ありがとうございます!!!!!!!

ほんとうにありまとうございがす!!!!!ずっとねらっていたMVP+タイゼム賞!!というわけで、タイゼム賞はチャージにします。これで記念対局ですよね!?

今回は

全然浮かばない上に、疲れて投稿できませんでした。
昨日つまらないネタは浮かんだのですが、横になったら即北島康介で、すみませんでした。

No title

asutoronさんのペガサスネタの「ひらめきは天才的でしたが、細かい碁に持ち込むと、とたんにやる気を無くしてしまいました」 は「あーあるある」とうなってしまいました。

日曜の飲み会で飲み過ぎて週明けちょっと死んでました。後でお財布を整理すると記憶にないコーヒーとかソフトクリームのレシートがいっぱいでてきて自分でも恐いです。

ゆうすけさん

まさに驚愕の作品でした。記念対局がんばってくださいね、花火で応援します。

GO!さん

「なんもいえねえ」でしょうか?まあ、そんなときもありますよ。私もときどき、「なんでだろう?」と思うようなときが(笑)。アテネより気持ちいい作品、お待ちしています。

kyonchnさん

動物占いって、当たってるという人の方が多いような気がします。一応、モニタリング調査のデータを統計処理しているそうですから、そうなんでしょう。だったら、本の冒頭で「四柱推命」や「陰陽五行説」をウタッテいるのはどうゆうわけなんでしょうね?まっ、それで人間関係がうまくいけばいいんですけど(笑)。
アルコールにカフェインに糖分・・・完璧ですね、成人病に気をつけてください(笑)。私もコーラの飲みすぎに注意することにします。
プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。