--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-10-04(Sat)

『宇宙流快局選』第二局

第二局は、藤沢朋齋九段戦で、275手まで武宮三段(白)の半目勝ち。

武宮先生の出世作のひとつなので、以前に3、4回は並べていたと思うが、

そのときと、180°回転した棋譜になっていて、

最初に並べるときはちょっと妙な感覚だった。

というのも、この『快局選』は、棋譜が武宮先生の側から見たようになっているから。

武宮先生が白番なら、黒の第一着は図の左下にくるのだ。

この碁も、やはり、「とりあえず」、10回並べてみた。

知っている碁なのだが、ひっくり返っているため、初回は25分を費やした。

時間つなぎと思われる手がいくつかあり、手順が憶えにくかったが、

9回目でようやく暗譜達成。

快局選2

10回目は16分くらいだった。

終局図を眺めてみるだけでもいろいろと感じることがある。

たとえば、 白は二石、黒は四石(終局直前までは五石)だなあとか、

黒が一線だけで13目の地をつくっているのは効率が悪いなあとか、

団子石もあるなあとか、セメドリにして得してるなあとか...。

自分の碁でも終局図を眺めてみることは心がけたいものだ。

スポンサーサイト

theme : 囲碁
genre : 趣味・実用

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。