--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-14(Wed)

第105回新囲碁ボケお題発表

第105回新囲碁ボケお題発表

いよいよ新旧主演男優賞対決、棋聖戦の開幕です。

握り 

握って山下棋聖の黒番、10秒ほどして第一着を打ちました。

黒1小目

しかし依田先生、タオルを取ったり、扇子であおいだり、

おしぼり  一期一会

 いっこうに打とうとしません。

この10分間、いったい何を考えていたのでしょう?

瞑想 ・・・・・

お題

依田「それはね、・・・・・・」

ルール ボケて下さい。

回答はコメント欄にどうぞ。お一人でいくつでも投稿可能です。

締め切りは1/20(火)23時とします。

表彰:MVP賞、優秀作品賞の他、

    咲いた投稿賞、タイゼム賞、(新人賞)など。

囲碁ボケって

 

 

スポンサーサイト

theme : 大喜利
genre : お笑い

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゆーたいりだつぅ!!

第105回囲碁ボケ投稿用 のんびり画像を作ってたらkyonchnさんにネタで先を越されてまった・・・(^^;; でもせっかく作ったから投稿するのだ!!...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

「なんでブラジルと違うねん~(-゛-;)~」

〇〇宣言?

「それはね、4200万の使い道を・・・ちょっとね( ̄∇ ̄+)」

北海道だし。。。

「それはね、・・・今日はズワイガニより、毛ガニが食べたい気分なんだよなぁ~なんて、ね。」

それはね

「大好きな佐野君と少しでも長く一緒にいたかったんだよ。(o^-^o) ウフッ」

単純明快意味不明

「夢想礎石だよ」

夢の中

「持ち時間8時間もあるんだもの」

揮毫にそなえて

「キセイって、漢字でどう書くのか思い出そうとしていたんだ」

No title

「それはね・・・頭の赤い点が気になっていたんだ。」

お告げが聞こえなかったらしい

「神さまがちょっと席を外していたみたいなんだ」

No title

「それはね・・・ただ寝てただけ!!」

No title

「それはね、碁って何なのかなって?」

No title

「それはね、記録の子・・なんでピンク?・・って」

相手に対抗

それはね・・・天元戦で天元打つみたいに棋聖のタイトルに合わせた1手を考えてたんだよ

No title

「それはね・・・僕と山下君、どっちのファンのほうが多いのかなって」

No title

「それはね、一期一会の期が大き過ぎたかなと」

No title

「それはね、クイズヘキサゴン出るべきか出ざるべきか」

この場を借りて宣伝

なんでおしぼりは北見ハッカ通商のミントクリールじゃないのかとか
扇子に北見ハッカ通商のハッカ油を垂らしておくとあおいだ時に爽やかかもとか
おやつに北見ハッカ通商のハッカ飴が出ないかなとか
お風呂に北見ハッカ通商の和製ハッカ油を入れると後から寒くてたまらんだろうなあとか

そういう事を考えてました。
北見ハッカ通商さん、北見薄荷杯のスポンサーありがとう!

気合充実

「それはね、時間もたっぷりあることだし、このあとの変化をとことんヨンでやろうと思ってね。」

反省

「それはね、きのうあれだけ特訓したのに何でニギリに勝てなかったんだろうかと・・・」

こだわり

「それはね・・にぎりの黒石の位置が右すぎたかな?ってね」

こだわり

「それはね・・山下君の黒石の位置が可愛くってさぁ♪」

お茶目

「それはね・・二手目で投了したら、2ちゃんねるでなんて書かれるかなぁと思って」

愛に不安を感じたら

「幸子が浮気してないかなと・・」

やりなれないことなので

「ガスの元栓、どうやって閉めたっけ・・と思ったら手が動かなくなっちゃった」

ぐろーばる

「ここはこんなに寒いのに、なんで地球温暖化なのだろうかと・・」

シンプルに

「えっと、利き手は右手だったっけ、左手だったっけ」

わからん

「ATMって、なんでお金がでてくるんかな?」

カメラアングル

「頭頂部を映されないように打つには、かぶっちゃだめだよな・・・」

守りにはいる!

「一番いい着物なので、汚さんように打たないと・・、シワもやだし」

そんなことまで!

「今頃、テレビ中継では札幌市内の観光地を映して時間埋めてるんだろうな」

予定外

「お告げ」は(自分が)黒番だったから・・・困っちゃったんだよ。

No title

「ゲゲゲの鬼太郎でいうたらおれは子泣き爺なんじゃないかってね」

No title

「耳をアップで見せてからじゃないとなにやっても柔道だと思われる」

No title

依田「それはね、山下君がむっつり淡白で早いんだよ。僕のようにじっくり攻めないと女性は悦ばないね。」
「何言っているんだ?この人は。」

No title

「寝る時妻の枕がYESだった時の展開まで読んでいる」

No title

「あちらに見えるのはへっぽこ戦隊のピンクではないか。」

No title

「にぎった時にインベーダーゲームみたいになったのにすぐ片付けた山下君に腹を立てている」

No title

「それはね、大マゼラン銀河ノリモートン星ヨーダ大酋長とチャネリングをしててね。今春、棋聖になったら銀河鉄道に乗って会いに行く約束をしたんだ。」

No title

「それはね、蟻にとっての10分間ってもの凄く長い時間なんじゃないかな?と思ってね」

記者談:それがどうしたの?って聞きたかったけど、なぜか聞けませんでした。

記録係が顔をしかめているワケ

「オナラがでそうだったので時間をかけてすかしっぺにしたんだ。音が出なくて良かったよ。」

空気抵抗

「トンボが空を飛ぶってことは、人がハチミツの中を泳ぐくらい大変なことなんだよ。」

聞きまつがい

「え、ikko(いっこう)さん唄わないでしょ?」

記者:「いや、そうじゃなくて、、、」

な~んでかフラメンコ~ オーレ!

「私がどうして~
 2手目に10分も考えたのか?

 な~んでか?
 
 それはね、さっき市長にそう言えって言われたから。」
「あっ! これは最後のオチだった!」

(ちなみに食パンマンが「お~い」って呼びかけてもいけません。)

手割計算

最も効率的に割るために、碁盤の木目を読んでいたのだ。

預言

どうしても2目半負けの図しか描けなくて、、

頑張って打ったんだが、1目詰めるのが精一杯だったよ。

No title

「それはね、今晩に備えて石松船道中のくだりを確認してやした。」

にらめっこ

「精神集中ですよ。だって、顔を上げると山下君の顔が見えるから・・・ぷぷ」

まさかこの人まで?

「実は囲碁ボケの各賞発表が気になっていて」

そっちかよ!

「山下君が視界に入ると、どうしても・・・
今年の主演男優賞は私が獲るv-42!!!」

赤い点

「ゴルゴ13が俺を狙っている。逃げなくては・・・イカン、腰が抜けた!!!」(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

No title

「本物の鰻丼ってやつは席について30分以上待たないと出てこない。私はまだまだ10分の値打ちしかないってことだね。」

そんな理由かいっ??

「それはね( ̄∇ ̄+)、
しばらく打たないとさぁ~いつ打つかってみんなが注目するじゃん?
テレビに映る時間も増えるしねっねっねっ?('-^*) b」

名人芸

「それはね、依田流落語『熊蔵の鼻提灯』を一席もうけていました。」

No title

囲碁のルールをうっかり忘れてあわてて思い出していました。

No title

「あっ!!うっかり幽体離脱してた!」

まさに?

「ボイスレコーダーとフライトレコーダーにすべてが記録されてますから・・」

まさか?

「エア打ちです」

まさしく?

「山下くんのあの一手があまりにも意表をついていたので、手が出なかったんだよ。
すでに、このとき勝負がついてたのかな」
「な、わけないだろ!」
「ウィ」

現実逃避・質問返し

「うーん、記憶が・・・で、結局この一戦どうなったんだったっけ?」

No title

「それはね、僕の考えている事は僕にも分らないんだよね。」

No title

囲碁ボケ最優秀作品賞の「陳ブラン」のボケ、あれの意味がわからなくて、ずっと考えてたんだ。

No title

色付きの文字
いや、kyonchunプロマイドってどんなんだろうって。

No title

「それはね、この日のために万全の準備をして来たのに、山下のヤツ夜の余興にサンバチームを呼んでやがった。許さん。」

No title

「それはね、さっき大矢君が訪ねてきて本50冊買ってくれって言われてね。」

それはね

「三村君と向井さんの結婚祝い、キャベツにしようか白菜にしようか悩んでたんだよ。」

No title

「シャネラーとチャネラーは、一路違いで大違いだなぁ・・・と」

烏鷺おぼえ王子に捧ぐ

「それでもってkyonchunって誰やねん!・・・と」

思い悩んで

いやー、kyonchnの呼びかたが分からなくって。

そんでもって

碁解除何時からだろうって

No title

居合い碁に挑戦しようと思ったんだけど、動かずには石を打てないんだな、これが

No title

山下なんかに夜の余興の企画で負けてしまって、、、

No title

初手を星に打つとは、つまらんところに打ちやがって、、

同感

「初手を小目に打つとは、つまらんところに打ちやがって、、」

注釈

あえて星としたところが、らしいと思いまして

第一人者(?)の苦悩

こんな碁を打っていて、分厚い棋士層で競争熾烈な中国勢に勝てるのかと思って、、

(01/17, 日本経済新聞 朝刊, 36ページ参照)

隣の芝生

昨年新装オープンした杭州の中国棋院分院は三十四階建てだっていうのに、、(ため息)

No title

「依田はじっと考え続けた。
 どこに置いても一局。
 しかしこれからの一局の方向性を決めるのに
 最も可能性の広がるこの瞬間を
 依田はただ、楽しんで、いた。

『プロフェッショナル』に出演する時のための原稿を考えてました。」

No title

「それはね、突然解説会場の方から宮沢吾朗先生の大声が聞こえて来たんだよ。」

吾朗「いい年の男が浪曲だのサンバだのって何だい!男ならハード・ロックだろ!
じゃあ行くぜ~、ギターはメイエン!!一局目は~!ディープ・パープルでハイウェイ・スター!!」

うん

ちょっと○が出なかった。(○に当てはまる言葉を答えよ)

締め切ります

[太字]それではこの辺で締め切らせていただきます。
たくさんの投稿、ありがとうございました。[/
太字]
プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。