--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-19(Wed)

第135回新囲碁ボケ講評

第135回新囲碁ボケ講評

お題

「×××は確かに大きいよね」
「でも~~~の方が大事だよね」

今回、お盆の週ということで、あちらの棋士がこちらに帰ってくることに絡めたお題をと思っていたのですが、うまく出来ませんでした。とにかくお盆から連想を始めたんですが→お坊さん→最近読んでいるお坊さんの書いた本→『煩悩リセット稽古帳』→根本煩悩(三毒)→貧欲・・・欲望ということで、「大きそうなことに目が眩んで大切なものを損なうという」という設定に辿り着きました。そんなわけですから、投稿しやすいかどうかなど、精査する暇はなく、とにかく出題、あとは、ボケラーの方々にお任せ!と腹をくくったわけです。いやあ、予想どおりというか、「週末の壁」を前に、出だし2日で投稿は6本と、これは『ヤバい経済学』だったんですが、その後、投稿が増えて最後は40本となり、ほっとしています(笑)。ボケラーの皆さんに助けられました。ありがとうございます。
お題は、格言で言えば、「大場より急場」というのでしょうか。以前に似たお題があったようにも思えます。予想どおりというか、棋士ネタが三分の一を占めましたね。なかでも、この囲碁ボケ期間中盤に、いきなり旬の棋士に駆け上がったというか転げ落ちたみぞっち先生の登場がヒットでした。他の棋士も、お約束ネタながら、ヒネリを利かした作品があり、楽しませていただきました。選挙公示に合わせてか、政治ネタもありましたね。また、手法として、お題にない3行目を加えてさらにオトすというテクニックにも唸らされました。あとですね、講評の筆が妙に進んだカテゴリーもありまして・・・いわゆる「大人の囲碁ボケ」なんですが、巧い作品が多かったですよ。それではカテゴリー別に見て参りましょう。


1.棋士系(14本)

nipparatさん

「中根先生は確かに大きいよね。」
プロデューサー 「でもテレビの画面に入るかどうかが大事だよね。」

中部のお約束ネタですね。例題としては合格点です。

na4143さん

「中根八段は確かに体が大きいよね。」
「でもお笑い芸人か棋士かをはっきりさせる方が大事だよね。」
中根「両方目指しているんだけど」

一手間かけました。ツッコミにボケを返す技が冴えてます。

na4143さん

治勲「秀俊(スジュン)の寝癖は確かに大きいよね」
武宮「でも毛があるほうが大事だよね」

寝癖というと、その形状に注意が向きがちですが、そこはna4143さんのこと、容量が大きいという捉え方が斬新です。返しの武宮先生は、毛に執着がありそうで、笑えます。

na4143さん

ヨーダ「息子よ見よ!これぞ盤上のダイエット。この捨石は確かに大きいだろう。」
息子 「でも、お父さんお腹のダイエットの方が大事だよね。」

タイヨウくんでしょうか、アオゾラくんでしょうか?
ツッコんでくれ、といわんばかりのヨーダ先生の「かまって欲しいサイン」が出てますね。

あっじょさん

「小松英樹先生は確かに大きいよね」
「でも稲葉さんにとっては小柄に映る方が大事だよね」

「THE PASSION!」からのネタですね。
結城九段と万波山の組合わせでもなにかいけそうです。

na4143さん

万波奈穂二段 「溝上八段このポカは確かに大きいですね。」
溝上八段 「でも帰ってから、カミサンのお仕置きに耐える方が大事だよね。」
万波奈穂二段 「耐えられますか?」

この事件は、アタリにツッコんだ事件と並んで、後世に残るでしょうね。放送時間を延長してでも、局後の検討が見てみたかったです。今後、みぞっちネタが急増しそうですね・・・という講評を書いている最中に同じ事を考えている方がここにも・・・

asutoronさん
ツッコミには負ける
「ミゾッチのポカは確かに大きいよね」
「でも、ボケネタになるインパクトがあるかどうかの方が大事だよね」

そうですね(ちょっと冷たいかな?)。

na4143さん

万波奈穂二段 「解説のメイエン九段、溝上八段のこのポカは確かに大きいですね。」
メイエン九段 「でもポカをやったあとが大事だよね。ミゾッチそんな顔で僕を見ないで。僕のせいじゃないから。」

七番勝負でシチョウを見損じたメイエン先生、みぞっちの気持ちがよくわかるという役回りであるべきところで、まったく自分のことしか考えてないですね。

asutoronさん

「イーミン女流本因坊・名人がミゾッチに勝ったのは大きいよね。」
「彼女にとっては、晩ごはんのおかずの方が大事だと思うな。」

一局の対局料分は食べるでしょうね、いくらぐらいかな?

asutoronさん

「イーミン女流本因坊・名人は見た目も態度も大きいよね。」
「彼女を支えられる男子が現れるかどうかの方が大事だよね。」

それは中根八段しかいないと思うのですが、妻帯者でしたか。

na4143さん

棋士A 「李世ドルの休業は世界の囲碁界にとって確かに大きい痛手だよね」
棋士B 「でも国内棋戦に専念する方が大事だよね」

ここで問題です。棋士Aと棋士B、強いのはどっち?

あっじょさん

「石倉先生の普及活動は大きいよね」
「でもたぶん髪型がばっちり決まる方が大事だよね」

あの髪型は完成形だと思っていましたが・・・

あっじょさん

「張栩先生の5冠は大きいよね」
「でも本人にとってはオカンの方が大事だよね」

巧い音使いです。

na4143さん

「張栩名人、対局でコウの力は確かに大きいよね」
張栩 「でもコスミの力の方が大事だよね」

コスミちゃんの弟が生まれたら、きっとコウくんだね。


2.ヨセ系(4本)

郷禄介さん
 
「二線のカミ取りは確かに大きいよね」
「でも息子の嫁取りの方が大事だよね」

今回も素早く投稿してくださった郷さんの模範的作品。
男子が売れ残るという、昨今の事情を反映して、上手い作り。
歌丸さんも、「一枚やろう」と言うこと間違いなしです。

あっじょさん

「サルスベリは確かに大きいよね」
「でもボケでスベらない方が大事だよね」
「めんどせぇ、ツッコむか」

ツッコミにツッコむパターン。抜群のスピード感です。

kyonchnさん

女流棋士にありうる会話
「このヨセは確かに大きいよね」
「でもBカップをDカップまでヨセるブラジャーの方が女には大事だよね。」

ヨセと胸を最初に関連づけたのは、GO!さんだったと思います。カップの単位に一工夫あれば良かったかなあと、ふと思いました。ところで、kyonchnブロマイドはヨセているのか、いないのか?nipparatさんの判定を待ちたいと思います。

pgさん

お釈迦様
「二線のコスミは確かに大きいよね」
「でもそれで勝ちだと思いこまない方が大事だよね」

上手のツッコミは、ありがたいんですが、下手としては口惜しいですね。
でもお釈迦様に言われれば素直に聞けるというのも、妙な話です。


3.コミケい

あっじょさん

「6目半は確かに大きいよね」
「でもちゃんと地を数える方が大事だよね」

ストレートなツッコミです。

kyonchnさん

「コミ六目半は確かに大きいよね。」
「でもお昼ごはんの五目チャーハンの具の内容の方が大事だよね。」

「かぶせ」ですね。2行目はちょっと長いかな?


4.夫婦系(2本)

nipparatさん

「この逃げ出しは確かに大きいよね」
「でも、逃げ出した妻を探す方が大事だよね」

もう何回出てきたのか忘れましたが、nipparatさんの十八番ネタ、この場合、シチョウアタリを打つんでしょうか?

na4143さん

「昨日の記念対局愛の力は確かに大きいよね。」
あっじょ 「でも囲碁ボケの方が大事だよね。」

同じ事ですよ(笑)。


5.政治系(3本)

na4143さん

麻生「小沢君、この漢字”四征”なんて読むんだい?
読めないと政権へのダメージが確かに大きいよね」
小沢「シチョウは何手よむんじゃない。
でも見ただけでわかるほうが大事だよね」
麻生「漫画と同じか」

キャラが活かされてますね。オチもいい!

あっじょさん

首相、読み方は間違えないでください~
「張栩先生の5冠は確かに大きいよね」
「でもノリピーの方が大事だよね」

首相には、ぜひ『ヒカルの碁』を読んでみてほしいですね。

ひろさわさん

新聞によくある三行風刺ふうに
「中央は確かに大きいよね」
「でも地方の方が大事だよね」
--選挙シーズン

見事に時流を捉えた、「かたえくぼ」的作品。
キュートな出来で、もちろん巧いですね。


6.下手の不安系(2本)

pgさん

「置き碁の序盤では確かに黒地が大きいよね」
「でもそのすべてが削られる時の精神不安に打ち勝つことの方が大事だよね」
「・・・・長いわ!」

もちろん大丈夫でしょう、愛の力で・・・(笑)。

あっじょさん

「両手が入る地は確かに大きいよね」
「でも本当に地なのかどうかの方が大事だよね」

それは打っている打ちに判ります、というか泣けてきます。


7.二つの意味系(2本)

pgさん

そろそろ初段?
「利きを残す手は確かに大きいよね」
「でも勝利のお茶に伸ばす手の方が大事だよね」

手の意味をずらしたところにネタが転がっていましたね。まさに、結構な「お手前」でって、手が違うやろ。

あっじょさん

「死活の練習は確かに大きいよね」
「でも『もう囲碁や~めた』と思う方が死活問題だよね」

死活使いが巧い作品です。


8.パワーハラスメント系(1本)

ゆうすけさん

「このハネは確かに大きいよね」
「でもおまえの首をハネる方が大事だよね」
「!!」

これは、昼休みの社長室での一局ですね。
ちがう?ああ、将軍指南役のお稽古でしたか、なるほど。


9.うじきつよし系(1本)

nipparatさん

「今のハイコミは第17期本因坊戦第3局で坂田が打った手と似たような雰囲気の手だけど、地だけでなくもろもろの味を見て確かに大きいよね」
「でもね、君はまずゲタとウッテガエシを覚える方が大事だよ」

一昔前の「カルトQ」的作品。最近、『煩悩リセット稽古帳』を読んでいます。この、○○的に申すと・・・という、聞かれてもいないのに、うんちくを垂れ流すというか、目の前のことを解説したくなる人っていますね。私か(苦笑)。そういうときは、「慢」の煩悩がはげしく活性化しているときですね。気をつけないと。


10.碁界トピックス系(3本)

pgさん

どこの県代表?
「若手の台頭は囲碁界にとって確かに大きいよね」
「でもほんとは自分が代表になりたかったーー」
「はい、はい」

これは先日大きな地震があった某県ですね。実は私、先日の高校選手権を見に行ったのですが、その若くて強い「彼」は、オーラ出まくりのイケメンでして、もう座っただけで圧倒してましたよ。

あっじょさん

「囲碁将棋ジャーナルの存在は大きいよね」
「でもあの司会者にとっては将来フリーランスになることの方が大事だよね」

棋士ではないけど、囲碁番組に出ている方々って、あまりネタにならないですね。もっと出てもいいと思うんですが・・・。

asutoronさん

「日本棋院にとって免状による収入は確かに大きいよね」
「でも、もっと囲碁ファンを増やすことの方が大事だよね」

そのとおりです!


11.~あの夏を忘れない~甘酸っぱい青春系(1本)

ゆうすけさん

全国大会で
「予選落ちのショックは確かに大きいよね」
「でもヘキサさんに『陳ブランはどこで売ってるんですか??』て聞き忘れたことの方が大きいよね」

ゆうすけさんの対局姿はカッコよくて、おじさんシビレました。予選リーグ2連勝のあとの三回戦、勝って仲間を見守る三将のゆうすけさんだったけど、まさかの主将負け、副将負け・・・ちょっと長めの反省会のあとでは、陳ブランにまでアタマが回らなかったのでしょう。私は、推奨銘柄を聞き忘れたことの方が大きかったです(微笑)。


12.大人の囲碁ボケ(6本)

nipparatさん

「王9段のは確かに大きいよね。」
「でも、まことに立つかが大事だよね。」

立誠九段が鶴聖位を獲得した翌年に名付けられたと思われるのが、H 立誠くんなんですが、それから10年後に少年小女大会で全国制覇しましたね。高校野球で活躍した選手の名前が翌年生まれた子の名付けランキング上位に入るのは良くありますが、囲碁界でもあるんですね。まるで評になってない・・・「慢」煩悩全開ですね、私(苦笑)。

asutoronさん

「ペア戦って、二人の相性によるところが大きいよね」
「でもペアって、カラダの相性の方が大事だよね」

リコー杯で、武宮・泉美ペアが話題になったことがあります。棋風が正反対の二人が、どうやって力を合わせるのか?と、山下棋聖がコメンとしていました。碁の場合、ペアに限らず、相手の感性が違いすぎると、打っていても甲斐がないと申します。せっかく利かしたのに、ちっとも感じてくれないとがっくりきて、自慢の冴えを見せた小太刀も萎えるというものです。相性、大事ですね。
kyonchnさんの「実録ボケラー24時」ではないのですが、締め切り間際の火曜の夜、asutoronさんは、すでに相当アルコールを摂取されていたようです。この22時過ぎに投稿されたasutoronさんの作品群は、わかるかなあ?わからねえだろうなあ・・・という会心の作が続きました。

asutoronさん

「囲碁の上達って、形とか筋の良さによるところが確かに大きいよね」
「でも、陳ブランは大きさの方が大事だよね」

陳ブランの筋は、果てると、いや果たして良いのか悪いのか、このあたり、製造元のkyonchnさんに聞かないと判らないですが、攻め合いになったら、もはや形にこだわっている場合ではないですよね。もちろんボケ作品としては、とても筋がいいと思います。

asutoronさん

「攻められるのを避けるにはトビで逃げるのが確かに大きいよね」
「でも避けるにはゴムのボウシの方が大事だよね」

トビは方向を間違えると確かに危険ですね・・・なるほど。この手の高分子素材は、男性の、いや弾性というよりは、遮蔽性をメインに設計されているわけですか。ところで、asutoronさんが記念対局などで、ボウシが打ちづらくなったりして、本来の棋風に差し支えるのではないかと、そちらも心配です。

asutoronさん

「このシボリは気持ちよくて確かに大きいよね」
「でも快楽には縛りの方が大事だよね」

天下の張栩名人相手に繰り出した、nipparatさんのシメツケは、ビシビシと決まって気持ちよかったですね。一方、シボラれた方は、形が崩れるわけです。ところが、この2行目は難解な理論です。遠巻きにモタレるというよりは、タイトに包囲するイメージですね。囲うだけの手は小さいといわれますが、シバリは相手に響く手ですから、良い手。さすが、碁もあちらも高段者のボケです。

asutoronさん

「この模様の消しは確かに大きいよね」
「でも消すならモザイクの方が大事だよね」

これは、作者によっては甘酸っぱい青春系に分類してもいいんですが、流れ的にこちらでしょう。私の場合、「モザイク」と聞くと最初に浮かぶのは、こちらの画像(大人限定)・・・なんと時価43,050円 (税込) でお楽しみいただけます。気に入ったら買い物かごに入れるを自己責任でクリックしてみてください。確かに魅せられるというか、神秘的な美しささえ感じてしまいます。 こうしてみると、中国ルールの整地方法は、あまりにもモザイク的で、美しくも悩ましいですね。

私としたことが、ついつい長めの評となった大人の囲碁ボケ、またの名を、強制合宿送致候補作品でした、やれやれ(微笑)。

以上、冴えないお題にもかかわらず、40本の投稿、御礼申し上げます。
まことにありがとうございました。

表彰は22時頃を予定していますので、お楽しみに。

スポンサーサイト

theme : 大喜利
genre : お笑い

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。