--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-22(Thu)

第144回新囲碁ボケ表彰

第144回新囲碁ボケ表彰

すっかり遅くなってしまいましたがmOm、各賞の発表です。

咲いた投稿賞
asutoronさん

ローズマリーの花 

今回は終盤に怒濤の投稿で、単独過半数に迫った、asutoronさんが43本で受賞です。咲いた投稿賞として、徒然亭方円撮影の旬の花をお贈りします。今月は、ハーブコーナーから、ローズマリーの花です。おめでとうございます。


MVP賞(スーパー囲碁ボケ君贈呈)

あっじょさん

スーパー囲碁ボケ君  
非まじめな馬の顔とは、3つ作って茶畑になっている。

あっじょさん

スーパー囲碁ボケ君 
対偶
非まじめな非破壊検査とは、「これって本当に柾目」と言いながら、真顔で碁盤を割って調べる。

ひろさわさん

スーパー囲碁ボケ君
「非まじめな形勢判断は、げんこつが何個入るかで決める」

asutoronさん

スーパー囲碁ボケ君
非まじめな指導碁とは、まさに手取り足取り指導してくれるものである(異性限定)。

あっじょさんは、図形的思考で結びつけた右脳発想の作品と、言葉の音と意味を丁寧に重ね合わせた左脳発想の作品の両方を披露してくれました。ひろさわさんは、”まじめにふまじめ”の題意を一瞬にしてつかみ取り、他のボケラーの方へのお手本を示してくれました。言葉シェフのasutoronさんは、たった一つ「まさに」を添えるだけで、皿一枚の表情をガラリと変える演出をしてくれました。三名の方にスーパー囲碁ボケ君を贈呈します。おめでとうございます。


優秀作品賞(囲碁ボケくん贈呈)

プリンさん

囲碁ボケ君 
「非まじめな三連星とは、右上隅星、左下隅星、天元である。」

ほうきゅうさん

囲碁ボケ君 
非まじめな{タケフ}とは、 節がズレテル。

kyonchnさん

囲碁ボケ君
「非まじめな詰め碁とは、考えるのに夢中になって、思わず鼻に詰めることである。」

pgさん

囲碁ボケ君
非まじめな打ち碁集とは、最終図だけが載っていて、「手順は自分で考えてね!」と書かれている本である。

nipparatさん

囲碁ボケ君
「非まじめなバランスの取れた着手とは、星と三々の中間地点に打つ事である。」

あっじょさん

囲碁ボケ君
非まじめな目はずしとは、目玉おやじだけができる。

あっじょさん

囲碁ボケ君
非まじめなハスカイボウシとは、行ったきりで幸せになれない。

asutoronさん

囲碁ボケ君
非まじめな宝酒造杯参加者とは、お昼にきて弁当食べた後にオードブルをつまみに試飲だけして帰る輩である。

プリンさんは非まじめの高度な精神性を高段者らしく、盤上に示してくれました。ほうきゅうさんは、堅実無比なタケフをたった一路ズラすだけで、打ち手を一気に不安に陥れました。さらに、{ }の映像表現でリアリティも追求した意欲作でした。kyonchnさんは、真剣に解くあまり、とんでもない事態を生む、その映像効果が絶品です。pgさんは、意地悪を装いつつ、碁打ちに一番大切なことを教えてくれる究極の棋書を企画しました。nipparatさんは、プロでも悩ましいデリケートな心情を、これまた高段者らしく、盤上に投影しました。あっじょさんは、インパクトのある映像表現と、映像と意味を重ねた味わい深い作品を見せてくれました。asutoronさんは、相当数いるであろう内情を、丹念な現場取材を通じて暴露しつつ、笑いを誘いました。以上7名の方にボケの数だけ囲碁ボケ君を贈呈します。おめでとうございます。


タイゼム賞

ひろさわさん

タイゼム賞 

今回のタイゼム賞は、すばやく題意を読み解き、真っ先に ”まじめにふまじめ” のお手本を示した、ひろさわさんが受賞です。おめでとうございます。1000万Tポイントを振り込むIDをお知らせ下さい(コメント欄の最下部、「管理者にだけメッセージを送る」にチェックを入れていただくか、当ブログの右サイドにある、「メールフォーム」をご利用下さい)。あるいは、満天下の注目を集める記念対局(2000TP相当)等をご希望でしたら、プールしておきますので、お知らせ下さい。


大人賞

kyonchnさん
「非まじめな絡み攻めとは、

 

    ・・・・・・・・・・・あぁんっ・・」

今回の大人賞は、小文字の「ぁ」と「っ」を効果的に使ったkyonchnさんです。この行間を読め!という突き放した態度に、逆に引きつけられるのはなぜなのでしょう?ジョンケージの「4分33秒」、あるいは昔、”ミスター・スローハンド”のエリック・クラプトンが演じた究極のアドリブ、「弾かない16小節」に通じる者がありますね。無駄な声は決して出さない、もとい、無駄な手は決して打たない・・・上達の秘訣でもあります。

大人賞次点

asutoronさん
非まじめな碁盤とは、
打つたびに「ああん」とか「そ、そこ」と声を発するものである。

昔、電子碁盤という商品があったのですが、こういう機能をつければバカ売れしたのにね。


以上で表彰を終わります。 
来月もよろしくおねがいしますね mOm 

もう始まっている第145回は、kyonchnさんの「碁会所日報へどうぞ!

スポンサーサイト

theme : 大喜利
genre : お笑い

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

いっぱいありがとうございます~

実は今回なかなかボケが浮かばなかったのですが、土曜日の特別置碁で、ヘキサさんの「打て、とにかく打て」というサッカーの松木先生のような熱いメッセージを受けて、思いつくままに打ってみました。

鬼にカナボーとか、7子局=Hの形とか、沢田研二の「勝手にしやがれ」とか、思いついたら即ボケる、その姿勢が良かったのかもしれません。

そもそも「とは」という助詞とその後が合わないものが大半で、試験問題なら減点でしょうね...その点 asutoronさんは偉いなぁと思ってしまいました。

次回も楽しみにしてまふ~

ありがとうございます

MVPとタイゼム賞ありがとうございます。
囲碁ボケハイからは程遠くて、
毎回数本投稿できればいいほうなのですが、
運良く今回は一番最初に投稿できました。

握りこぶしで目算するのは、実際にやっています。
ただ、誤差が30目単位で出ますがっ。

ポイントは本来対局のために取っておくべきなのでしょうが、
東洋囲碁のスロットの期待値を調べてみたいので、
ユーザーID ひろさわ/hirosawaにポイントをお振込みください。

・・・とおもったのですが、なんかむなしそうなので、
やっぱりポイントはプールしておいてください。
プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。