--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-04-16(Wed)

第66回新囲碁ボケ講評その1

お題

「~には、とても同意できません」

「なんで?」

「△△」

お題を思いついたときは、投稿数ヒトケタを覚悟していたのですが、思いのほか「ハイになる人」が増え、80本を越える盛り上がりとなりました。投稿占有率50%越えの野望に燃えるnipparatさんの前に立ちはだかったのは、おそらくは10代のみぞっこさん(お友達のゆうすけさんはいつものペースでしたが)。この世代間の激しい戦いがいったん収まり、選者がホッと一息ついたところへ、韓国からkyonchnさんが出張中に溜まってきたものを爆発させると、nipparatさん、みぞっこさんがこれに応酬、一向に静まる気配がありません。そして締めくくりは珍しく駄洒落控えめのGO!さんでしたね。ハイになったみなさん、また、他のボケラーの方々も投稿ありがとうございました。

今回は、「なんで?」に対する「△△」の部分で笑わせていただけるかと思いきや、「~」の部分でもすでにクスリとしてしまう作品があり、楽しませていただきました。みなさん神経が行き届いていますね。ではさっそく参りましょう・・・

pgさん

「『置き碁の黒は攻めろ』には、とても同意できません」
「なんで?」
「たいがい、攻めてるはずなのに、攻め返されてしまうんですもん!!!」

そうですね。こういうキャッチフレーズって、舌足らずなことが多いですね。ま、「力貯めてから」攻めろってことなんでしょうか?えっ、「力つけてから」でっか?そんな殺生な。

c.ganges(.つかんこ改め)さん

「秀策流には、とても同意できません。」
「なんで?」
「コメよりパンが好き!」

秀策流といえば、小目の連打。因島では米屋よりパン屋のほうが多いのか...つまり小目を「こめ」と読ませるのですね。ちなみに我が家は週末だけパンです。

みぞっこさん
「みぞっこにはとても同意できまい」
「なんで??」
「みぞっこナルシナルシナルシナルシナルシ」

へえー、今の若い子って、「ナルシ」って言うんだ。ひとつ勉強になりました。ギリシャ神話といえば英語のテキストにありましたが、ナルキッソスって、たしか湖面に映る自分の顔に魅せられてしまうんですよね。そしてこの「自己愛」を意識化するほど自意識が強い性格が、その後の「囲碁ボケハイ」に繋がっていくんですね~、乞うご期待!

ゆうすけさん

「星打ちにはとても同意できません」
「なんで??」
「星に打ってもスターになれないから」

にしきのあきらさんではないのですね、あちらは「スタア」ですから(笑)。星に打って輝けるスターになった武宮先生の偉大さがわかる作品ですね。

nipparatさん

「大ナダレにも村正の妖刀にも同意できません。」
「なんで?」
星党「小目党のやる事にはなんでも反対!!」

先日、スカパーで「小沢一郎対渡辺淳一の頂上対決(?)」を見ていましたが、自由党から民主党に来た方が自由民主党に同意できないというのはわけがわかりませんね(笑)。この作品は、今回のお題の裏をなぞっているところが秀逸です。人事案に同意できないのは、政府与党の案だからなんですって(?)。今回34本の最多投稿を寄せていただいたnipparatさん、いったい何本スルーされるのかにも注目が集まっています。

「死活の基本は一合マスだってえ?とても同意できねえ。」
「なんで?」
「男なら生死を賭けて二升酒じゃあい!!」
これはうまい作品です。昔は一合マスをマスターしていればアマ五段だそうですが、今はどうなんでしょうね。
「山下棋聖への祝電には同意できない。」
「なんで?」
「君は馬鹿かね?」
「棋聖防衛で喜ぶのは同意できない。」
「なんで?」
「我々は、戦うべきではなかった・・・・・・愛し合うべきだった!」
「狭くても生きればよいって!同意できない!」
「なんで?」
「ダイワハウスなんだ」
「広い家は危険と隣り合わせ、狭いながらも楽しい我が家を目指すべき」(『初段合格の死活150題』の問題136)というのがありますが、ヤンキースの松井選手のスウィートホームはやっぱいダイワハウスなんでしょうね。でもナカデにはご注意。
「俺が弱いから勝てない?同意できない。」
「なんで?」
「この盤では勝てない。」(沖田十三)
「この艦では勝てない」。デスラーの攻撃を受けて言ったセリフなのか、硫酸の海に潜水したときに言ったのかわかりませんが、今回もヤマトネタが来ました。碁はやっぱり読まなくちゃね、「この勘では勝てない」
「陳先生、この手は稼ぎ過ぎで同意できません。」
「なんで?俺わかんない。」
「なんだよ、いつでも辛い陳建一か。」
中華の鉄人を登場させてきましたね~。毎週見てましたよ。『料理の鉄人』(I~V)、『料理の鉄人完全レシピ集』、『料理の鉄人レストランガイド』なんか持ってます。私の記憶が確かならば...ギャラが一番高かったのは道場六三郎ではなく、鹿賀丈史。つまり地の辛さと四川の辛さを懸けたんですね。さいしょ陳嘉鋭先生を浮かべちゃうところからうまく落としてます。筋肉質からメタボ系への落差がいいですね。
「ワトソン君。この碁の評論には同意できないよ。」
「なんで?」
「あっ、なんだよゴルフ屋のトム・ワトソンか。」
「リー先生、碁にパンチ力はいらないって、同意できません。」
「なんで?」
「あっ、なんだよ~。ヨセだけで食ってるリー・トレビノか。」
戸張 捷「ワトソンほどのプレーヤーになれば、フィニッシュから考えるんです。うーん、つまり二日目を終えたこの段階で、最終日の、最終ホールの上がり方をイメージしてるんですね・・・」
「その一手が華麗な絶妙手だなんて同意できません。」
「なんで?」
「その石の裏にウンチがついてる!!」
「薄みをテクニックでカバーしろって、同意できません。」
「なんで?」
「経験豊富な妻がね、私のは薄いから頑張っても授からない!って言うんです。」
「ケーゴ先生の棋聖就位には同意できません。」
「なんで?」
「なんでだろう♪なんでだろう♪なんでだなんでだろう♪ あ、なんでだろう♪なんでだろう♪なんでだ!なんでだ!なんでだなんでろうおおお♪」
「その手にはとても同意できません。」
「なんで?」
「ハンド!ハンド!今のはハンドですよ~!!」松木さん
異種競技を持ってきたんですね、しかも安太郎さんのキャラで。現役時代の動きが想像できてしまって可笑しいですね。
テストボケ
「その程度の技量で先生が関棋の鬼と呼ばれるのは同意できません。」
「なんで?これが俺の技だああ!」
「あああ~ん、先生が噂の女流棋士コマシの鬼だったんですね。」
「待ったには同意できません。
「なんで?」
「じゃ遠慮なく待った!」
実用性大いにありですね。
「母さんはねえ、お前が大坂田に憧れて上京するのに同意できないわよ。」
「なんで?」
「お前がアホの坂田だからよ。」
「イーミン!あなたが碁を続けるのは、断じて同意できないわ!」
「なんで?」
「あなたは私の生涯のライバルよ!今日は私のために勝負して!!」ギャル曽根
「あっ、この食い方!ジャイアント白田は私の中にいた!!」イーミン
どうやら「テスト」がOKだったようで、このあたりから、色つき文字が増えてきましたね。FC2の機能を活かしているとはいえるのですが、基本はテキストです(笑)。この場合、なぜ青、赤でなければならないのか?そしてネタは面白いのか(キツ!)?
父「小目には同意できない!」
子「なんで?」
父「栄光の星を目指すのだ。」
ゆうすけさんの作品と被っていますね(キツ!!)。
とにかく、nipparatさんの爆弾はものすごい数です。ネタに添えられるタイトルを見てみましょう。
「まず」、「爆撃中」、「かなりハイです」、「止まらない」、「うおお」。
さらに続けて・・・といきたいところですが、FC2の制限字数を知らないので、ここでいったん区切っておきます、安全第一安全第一・・・

 

スポンサーサイト

theme : 大喜利
genre : お笑い

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

字数制限

テキスト制限は本文128KB、追記128KBです。
まあ、小説や論文を一気に書きでもしない限りは無制限みたいなもの、普通は気にする必要ないと思いますよ。^^

郷禄介さん

そうなんですかー、ありがとうございます。
プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。