--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-01(Thu)

バジルの芽

DSC01425.jpg

種蒔きでは、土をかけず良く日が当たるようにしてみた。

種は水を吸うと、白いゼリー状の物質に包まれた。

そのことは、こちらで知った。

おそらく種の中から高分子が浸み出てきてこうなるのだろう。

今までは土の下のことで見えなかったのだが、

今回はじめて観察できたのだ。

ローズマリーの種でも同じことが起きているので、

うまく発芽するための種の仕掛けなのだろう。


スポンサーサイト

theme : 野菜づくり
genre : 趣味・実用

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

バジルもローズマリーも種から育てた事があります。
ただ、苗の方が楽かな?

ハーブの種はどれも小さくて、双葉も小さいので侮ってしまいますが、雑草系なのでどんどん大きくなって収拾がつかなりますよね。

一株で育ててた我が家のミントの葉っぱも大きくなりすぎましたし、レモンバームも密林状態です。
地植えするなら間隔をあけないと密接しますよー

pgさん

バジルはよく使うので、沢山作っています。最後は木みたいになるんですが、枯れ枝を乾燥させて部屋に置いておくと程よい香りです。

レモンバームはすごい繁殖力、まさに雑草並ですね。

ローズマリーは刺し芽も種からも成功したことがありません。今年は工学チックな道具と装置で発芽実験をしています(笑)。うまくいったらアップしますね。

6月末に地域の子育て支援NPOのバザーがあるので、ハーブを出品するんです。前回好評だったバジルに加えて、今年はペパーミント、レモンバーム、そしてローズマリーを出したいのだけれど、生長度合いが読みにくいんですよ。種蒔き時期を2週間くらいずらしたものも平行して育てるつもりです。それで、バザーが近づいたら適当なポットに移植ですな。
プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。