--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-18(Wed)

第75回新囲碁ボケ講評1

第75回新囲碁ボケ講評1

今回のお題は、「あっと驚く戦法のネーミング」でした。ちょうど1年前の第23回のお題「ライバルに勝つ方法」とかぶる部分はあったのですが、今回は必ずしも勝つための方法でなくても良かったわけです。勝ち負け以外の価値が多彩なことも囲碁の魅力ですから、新しい価値観を提示するようなネタが来ることを期待していました。いただいた投稿は全部で162本(参加いただいた方は13名)と、数は伸びたんですが、それでも以外に難しかったのではないでしょうか?スポーツ、将棋のパロディや、駄洒落に映像系と、バラエティはあったのですが、正直に申しまして、大爆笑という作品はとても少なかったと思います。


GO!さん

将棋
ちょんまげ美濃は戦法ではなくて、囲いの名称ですね。
戦法としては「陽動振り飛車」の時に、出現しやすいです。
あと、今回のお題の戦法とは当然、「囲碁の戦法」ですよね?
囲碁と絡まないとダメですよね?
戦法じゃないとダメですよね?
え?この投稿のどこがボケかって?
名づけて「周りのボケの発想を限定させる戦法」。
そのまんまやん!

お題発表で「柔軟に」とあったので、逆に縛りをかけてきたのでしょうか?1番目のボケというのは、「その後」に影響を与えることがままあるのですが、今回の場合、GO!さんの「限定」に反発したかのような大量ボケがなだれ込んできました。その一方で、GO!さんからその後投稿がなかったことが惜しまれます。


na4143さん

結城の早撃ちマック戦法
形勢不利となるや早撃ちになる世界を驚愕させた結城の早撃ちマック戦法
一見投げやりのように見えるが、実は深い読みに裏打ちされており、関西棋院の横田九段の解説をも欺く高度な戦法である。 類似戦法として「みぞっちの投げやりどうでもいいやー流」がありこちらは序盤から注意が必要である。

NHK杯をよく見ていらっしゃる方はうなずくことでしょうね。ただ、「マック」が理解できませんでした。西部劇のガンマンの世界なんですが、結城九段にも横田九段にも溝上八段にも懸っていないですよね。ちょっとだけ残念な作品。

 
郷禄介さん

「聖健流」
俺がじっと見つめれば落ちない奴なんていないのさ。(´ー`)┌フッ
 
年配の棋士を相手にしたときも見つめるんでしょうか?そこがボケなわけですね。

みつけた
"緑茶の香りの煎香茶(せんこうちゃ)" 
"珈琲の香りの残香飛(ざんこうひ)" 
"苺の香りの一期香(いちごこう)" 
"はちみつの香りの文々香(ぶんぶんこう)"
「???ナニコレ(・ω・ )??」
「あっと驚く線香のネーミングです。o( ̄^ ̄)oエッヘン!!」
参考 
http://www.yasuda-shokeido.co.jp/shop/

「戦法」と「線香」ですね。きわどく踏み込まないと手筋は決まらないですからね。文々香は一番チャーミングですね。あまーい香りを実際の対局でつかってみてはいかがでしょう?


ゆうすけさん

「チェンジアップ戦法」
中盤まで間髪を入れず打ち続け、頃合いを見計らって手を止め、相手の2手打ちを誘う。

まず、間髪いれず打ち続けられるというのが大変なことです。オチはいい感じですよ。

長っ!!
「超スーパー妖刀ナダレツケノビ小目星ツケバネ黒潰れ半目勝ち戦法。」
黒番で使われる戦法。
1,3手目に小目と星に打って妖刀定石と大ナダレ定石、小ナダレ定石、ツケノビ定石を各隅で使い、戦いでツケバネを使って潰されるがその後猛烈な追い上げで半目残すという相手の協力なしでは成立しない労多く益少ない戦法。

すごいです。いつか記念対局でこの戦法を見せてください。


みぞっこさん

「時空両断斬り」
切れるところは全て斬る作戦

秀哉先生が言ったような気がします。切るのはだれでもできますが、その後が大変そうです。


かものはし☆(☆つけていいのかな?)さん

囲碁版穴熊囲い
星目風鈴  

はじめさん的には「中四目」も欲しいところでしょうか。

見た目でなめんなよ戦法
ひげをのばす by 陽光

本因坊戦の記録係としてテレビに映ったし、タイムリーな作品ですね。


iwannさん

ナベアツ打法
3手打つごとにアホになり、相手を油断させる打法。
特に、「三ノ宮」などで使うと効果があがる。

これじゃあ3手のヨミが成り立たなーい。ちゃんとボケてますね。


新米刑事さん

TBS模様
不詳地が多い一局になる。
勝てば鬼の首を取ったが如く歓喜し、負ければさっと頭を垂れて逃げ足も早い。

楽太郎さん的なうまさですね。

いび謝穴熊
満腹のイーミンちゃんを自陣に放つ。
大いびきの前に誰も近寄れず鉄壁となる。
 
これは「放つ」の一瞬で状況が劇的に変わる。しかも可笑しいですね。

突撃となりの盤碁盤
ピンチになると文字通りの行動を決行する。
ただそれだけ・・・。

「夕方の番組のコーナー」ですね。あと一ひねり欲しかったですね。


superlineさん

仙台市営地下鉄南北線流
序盤か終盤に浮き沈みが激しい碁。終盤に浮かばれれば勝てるのだが、序盤で浮かぶとあとは潜りっぱなし。

東北本戦法
右上隅方面を盛り上げようとする碁。ただし、囲い込み方が下手で割を喰う。

独眼流
巨大な目あり目なしに持ち込んで勝つことが多い力戦派の別称。

東北地方ネタを並べてこられました。仙台の地下鉄って、上りなら後半は潜りっぱなしですね。
独眼流は実によくできています。

スポンサーサイト

theme : 囲碁
genre : 趣味・実用

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

徒然亭方円

Author:徒然亭方円

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2カウンター
フリーエリア
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。